テスト勉強期間の生かし方

テスト期間ってとても憂鬱です。特に、テスト勉強って何をしたらいいのかよくわからないですよね。テスト勉強のやり方を誰も教えてくれないので、自分のテスト勉強スタイルを見つけ出すのは難しいです。今回はそんなテスト勉強期間をどう生かしたらいいかわからない人のためにテスト勉強期間の生かし方についてご紹介します。

テスト期間の重要な資料作り


テストは膨大な情報の中の一部が切り取られたものが出題されるので、多くの人がヤマを張るということをします。それは先生が重要視してる部分。ココが理解できていれば全体的に理解できているのだとみなされます。

先生が出題したい問題を探るには先生が書く板書が重視されます。教科書は情報の全体が載っており、先生が書く板書はその要約。テストはさらに要約の理解度を確認するものとなっています。つまり、先生が板書したものをよく理解していくとテストの高得点を狙うことができます。

ここで大事なのが分かりやすいノート作りです。

ノートの目的を明確にする

ノートを取る前に、そのノートの目的を明確にしましょう。たとえば、講義のノートなのか、会議の議事録なのか、アイデアのメモなのかを意識します。目的に合わせて情報を整理することで、後で見返す際にスムーズに情報を探すことができます。

視覚的な整理

ノートを見やすくするために、視覚的な整理方法を取り入れましょう。例えば、見出しや番号を使った階層的な構造を作ったり、ボックスや下線を使って重要なポイントを強調したりすることがあります。また、異なる色のペンやマーカーを使って情報を分類したり、図やチャートを描いて視覚的なイメージを補完したりすることも有効です。

要約とキーワードの活用

ノートを取る際には、情報を要約し、キーワードや重要なポイントを強調することが重要です。文章を短くまとめることで、情報の把握や復習が容易になります。また、キーワードや図表を活用することで、情報の関連性やパターンを把握しやすくなります。

ノートの整理とカテゴリ分け

ノートを整理するためには、カテゴリ分けやインデックスの活用が有効です。たとえば、タブを使って異なるセクションを作成したり、インデックスページを作成して重要な情報の場所を示したりすることができます。また、必要な情報を別のファイルやフォルダに整理することも考慮しましょう。

ノートの取り方は勉強する上で基本中の基本ですが、誰も自分の理解度が高まるノート作りは教えてくれません。先生の板書を丸写しすることが理解が高まったとは言えないのです。あなたの見やすいノート作りを心がけてください。

テスト勉強期間の生かし方


まず第一に、スケジュールを作成しましょう。テストまでの期間を把握し、予定を立てることで時間を効率的に使えます。テストの日付や重要な予定をカレンダーに記入し、必要な学習時間や復習の時間を確保しましょう。

ポモドーロタイマーを活用すると勉強習慣がつきやすくなるでしょう。

次に、テストの範囲や形式を理解しましょう。テストに出題される内容や形式(選択肢、記述式など)を把握することで、学習の重点を絞ることができます。テストの過去問やサンプル問題を解くことで、出題傾向や難易度を把握しましょう。

学習資料や教科書を活用し、テストの範囲に沿った学習を行いましょう。重要な概念やキーワードを理解し、必要な知識を習得しましょう。メモを取り、要点を整理することで、学習の効果を高めることができます。

また、計画的な復習を行いましょう。学習した内容を定期的に復習することで、長期的な記憶を確立することができます。定期的なクイズや練習問題の解答、グループでの復習など、さまざまな方法を活用しましょう。

また、自己テストや模擬試験を受けることも有効です。実際のテスト環境に近い状況で問題に取り組み、タイムマネジメントや問題解決のスキルを向上させることができます。

最後に、十分な休息と健康管理を心がけましょう。睡眠不足やストレスは学習効果を低下させる可能性があります。十分な睡眠やバランスの取れた食事、適度な運動を行い、体と心の健康を保ちましょう。