なぜ長時間勉強しても成績が上がらないのか?

長時間努力しても成績がなかなか上がらないことってありますよね?今回は真面目ですごく努力してるのになぜか成績が上がらない人のために効率よく成績を上げる方法についてご紹介します。

なぜ成績が上がらないのか?


学校の成績が悪い学生は、頭が悪いのではありません。人間の能力にそれほどの差はありません。成績に差が出てしまうのは、勉強方法に違いがあるからです。

どれほどの時間使って努力しようとしても努力の配分の仕方によって、結果には大きな差が生じてしまうのです。すべての努力が同じように報われるわけではありません。

真面目で何時間も勉強している学生がいても、その学生が必ずしも成績がいいわけではありません。

ですが、正しい方法で勉強すれば、必ず良い成績を上げられます。できあがっている学問の体系を、定型通りに習得すればいいのです。

重要なことに集中する


真面目学生は取り落としがないようにまんべんなく勉強しがちです。そのようにすれば安心感を感じることができるためです。しかし、その安心感は偽物なのです。このようにして真面目なのに成績が良くない人となってしまうのです。

それに対して、できる学生は、何が重要かを把握しています。そして、そこに努力を集中しています。

満遍なく勉強してはいけない


昔、何かの物語を見てこの筆者は何を伝えたかったのでしょう?と言う問題を解いたことはありませんか?

数ある情報の中で筆者はどんな答えを求めているのか考える。これは他の勉強においても同じだと言えます。数学なら、数式の使い方をしっかり覚えて、それを応用する。歴史なら織田信長は色々なことをしてきたけど、その中で最も歴史に名を残した出来事とは何か。満遍なく勉強してしまうと、膨大な情報を覚えるのは難しいことです。重要なポイントを考え、それを覚え、考えることで成績が上々することができます。

重要なポイントの見つけ方


教科書や授業ノートの目次を確認する

教科書やノートの目次をチェックすることで、学習内容の概要を把握することができます。各章やセクションのタイトルや見出しを読み、重要なトピックやキーワードを見つけましょう。

テキストや教材の強調された箇所を確認する

教科書や参考書、教材などで強調されている箇所(太字、ハイライト、図やグラフなど)には、重要なポイントやキーワードが含まれていることが多いです。これらの箇所に注目し、理解や記憶に役立つ情報を抽出しましょう。

授業や講義の重要なポイントをメモする

授業や講義の際には、講師が強調して説明する内容や重要なポイントをメモすることが重要です。重要なキーワードや概念、例題や解説された重要な手法などをメモし、後で復習や学習計画の立て直しに役立てましょう。

過去の試験問題や演習問題の傾向を分析する

過去の試験問題や演習問題を解析することで、出題傾向や重要なトピックを把握することができます。一般的に、頻繁に出題されるテーマや問題形式は重要なポイントとなることが多いです。過去問を解きながら、重要なポイントを特定しましょう。

教師や教育機関のガイダンスを受ける

教師や教育機関は、学習のポイントや重要な内容についてのガイダンスを提供してくれる場合があります。質問や相談を通じて、重要なポイントを明確にすることができます。