勉強効率を高める環境づくりとスタディスペースのオーガナイズ

勉強する上で、大事な勉強する場所。環境づくり。リビングで勉強するという人もいれば、図書館で勉強する人もいます。今回はそんな勉強する環境についてまとめていきます。

勉強する環境


勉強する環境には静かな場所を選ぶことが重要です。集中して勉強するためには、静かで落ち着いた場所が適しています。他の人の騒音や気になる要素を排除し、集中力を高める環境を作りましょう。整理整頓することも大切です。乱雑な環境は集中力を乱し、効率的な勉強を妨げる可能性があります。机や周囲のスペースを整理し、必要な教材や道具を整然と配置しましょう。また、不要な物品や散らかったノートなどを片付け、清潔で快適な学習環境を整えます。

また、これは個人差によりますが、多少の雑音がある方が集中できるという人もいますので、自己分析をしてみましょう。

スタディスペースのオーガナイズ


スタディスペースは、自分が集中できるように整理されている必要があります。

  • 必要な教材を準備する

    勉強に必要な教科書、ノート、参考書などを事前に用意し、手元に置いておきましょう。必要な情報や資料がすぐに手に入るようにすることで、時間のロスを最小限に抑えることができます。

  • デスクの整理

    デスク上には最低限の教材と道具を配置し、使いやすく整理します。必要なものがすぐに見つかるようになっているか確認しましょう。また、デスク上を清潔に保つことも重要です。

  • 整理用具の活用

    教材やノートを整理するためのファイルやフォルダ、収納ボックスなどの整理用具を活用しましょう。科目ごとに分けたり、重要なポイントをマークしたりすることで、情報の整理と再確認が容易になります。

  • 快適な照明と椅子

    照明は明るすぎず、暗すぎず、目に負担のかからない程度が理想です。また、姿勢を保ちやすく快適な椅子を使用し、長時間の勉強にも耐えられるようにしましょう。

些細なことにも気を使って


勉強する環境なんてどこでもいいじゃない。と思われがちですが、些細なことでも身体的、科学的にも人間の集中力や理解力を上げる手がかりになります。人は身体に同じ機能を持っていますが、それぞれ個人差があり全く同じという人はいないのです。なので、自分にあった勉強の環境づくりをする。つまり、自己分析が非常に大切なのです。その中で多くの人が求める勉強の環境づくりとは、気の散らない環境を求めているのです。まず、初めに気が散ってしまうアイテムを目につかないところに片付けてから勉強を始めてみてはいかがでしょうか?