完璧主義さんの人の勉強方法!

なんでもかんでも完璧にしたい性格な方、完璧主義なゆえに全部放り出してしまう人が多くいます。今回はそんな完璧主義さんが苦しまずに勉強に集中できる完璧主義さんの勉強方法を紹介します。

完璧主義さんの性格・特徴


高い目標を設定しがちで、その目標を達成する過程も細部にこだわりを持つことが多く、細かい部分まで何度も見直すことで完璧を目指す傾向があります。その完璧な性格ゆえプレッシャーに弱い所もあり、目標が高いのでその目標に届かないことから自分にムカつきを感じることや、越えられない目標を目の前にすると悔しくて悲しくなることもあります。ですが、その完璧主義なおかげでトラブルシューティング能力が高い傾向があります。問題点を見つけ出し、解決策を見出すことが得意です。また時間管理にもこだわりがある場合があり、スケジュール管理や計画的に行動するところがあります。

完璧主義のメリット


  • 物事を計画通りに進めれる
  • 完璧に見せようとするためそれに備える努力ができる
  • 自分の意思が強くあるため、自分の意見を持っている
  • 細部までこだわるため問題をいち早く見つけ解決できる
  • 完璧に仕上げてくるため成果物のクオリティが高い

完璧主義のデメリット


  • ダメな部分を見つけると一気にやる気がなくなる
  • 完璧でない時にイライラが募りやすい
  • やる気が100から0になる瞬間が予測できない
  • プライドが高い

完璧主義さんの勉強法


完璧主義さんは、基本的に自己管理がうまく、長時間の集中も得意な傾向があるので、目標を立てる、スケジュールを立てる、どの教科をどれくらいの量やるのかを決めます。ここまでは完璧主義さんにとって普通の勉強方法かと思います。完璧主義さんの陥りやすいケースとしては自分に見合わない高い目標を立ててしまうのと、その目標に関して具体性がないので、何をしたらいいのか分からなくなり、モチベーションが保たれずにやる気がなくなり、努力が嫌になるというケースがあります。

完璧主義さんには短な目標と具体的な目標を立てる必要があります。例えば、短な目標としては今日は数学と英語のできなかったところを理解できるようになる。具体的な目標としては、数学は1ページをやり、英語は単語10個覚える。というように短な目標と、実際行動にうつす目標とそれぞれの目標を掲げることで行動にうつしやすくなります。大きな目標を達成するには過程があるのでその「過程」についてしっかり考えて目標を考えることで完璧主義さんの性格・特徴を生かすことができます。また、完璧主義さんは恥をかくことが苦手なので、あえて人に勉強を教える機会を作ると、人の前では完璧でいたいという気持ちから勉強の知識を広げようと努力する傾向があるので、グループ勉強にも向いています。自分が間違えた時には反復学習する特徴も完璧主義さんにはあるので、間違えたところや理解できなかったところには目印をつけて、反復学習を取り入れるといいでしょう。

完璧主義さんは完璧になるまで頑張りすぎる


完璧主義さんは思考的に0か100かという思考になる特徴があるので、頑張りすぎるとエネルギーも100から0になります。0から100になるまでにかなり時間がかかりやすいので、適度な休憩と未来的な目標よりも今日一日の目標または具体性のある目標をいくつこなせたかで自分を評価しましょう。焦らなくてもそのようにコツコツ目標を達成できればいずれは未来的な大きな目標を達成することができます。完璧主義さんの性格・特性を生かして、勉強を効率的にこなしていきましょう。