勉強に集中できない時は音楽を聞いて!

集中力を保ちながら勉強を続けることは、そう簡単ではありません。集中力を保つ方法の1つとして音楽を聞きながら勉強することで集中力を維持している人も多いのではないでしょうか。勉強中の音楽は、集中力や記憶力の向上に一定の効果があることが分かりました。今回は勉強に集中するための音楽の活用方法や、選曲方法について紹介します。

勉強と音楽の関係性


音楽を聴くことが勉強に集中できる理由は、脳波に関係があります。勉強中には、集中力を高めるためにα波が優位になります。α波とは、脳波の一種で、リラックス状態や集中状態で出現する波です。α波が優位な状態では、脳はリラックスしている一方で、高い集中力を維持できます。

Hans Berger(ハンス ベルガー)は、20世紀初頭のドイツの神経学者であり、脳波の研究で知られています。彼は、脳の表面に電極を取り付け、脳波を計測することに成功しました。この発明により、脳波研究が進展し、脳の機能や神経科学に関する知見が得られるようになりました。音楽は、α波の発生を促進するとされています。特に、バロック音楽やクラシック音楽は、リズミカルで落ち着いたメロディーが特徴的で、集中力を高めるのに適しているとされています。このような音楽を聴くことで、脳はα波を優位に発生させ、勉強に集中しやすくなると考えられています。

マスキング効果

マスキング効果とは、一定の音が別の音を聴き取りにくくする現象を指します。例えば、大きな音が小さな音を隠して聞こえなくする場合や、特定の周波数の音が別の周波数の音を隠す場合などがあります。この現象は、聴覚において重要な役割を持っています。人間は、多くの環境音から目的の音を聴き分ける必要がありますが、周囲の騒音や雑音がある場合、目的の音を聴き取りにくくなります。そこで、マスキング効果が働き、不要な音を隠して、目的の音を聴き取りやすくすることができます。

勉強中にどんな曲がいいのか?


  • メロディーがシンプルで落ち着いた曲

    勉強中は、集中力を高めるために、刺激的な曲よりもシンプルで落ち着いた曲を選ぶことが重要です。特に、バロック音楽やクラシック音楽は、リズミカルで落ち着いたメロディーが特徴的で、集中力を高めるのに適しているとされています。

  • 歌詞のないインストゥルメンタル曲を選ぶ

    歌詞のある曲は、歌詞の意味やイメージに意識が向いてしまい、勉強に集中しづらくなることがあります。そのため、歌詞のないインストゥルメンタル曲を選ぶことがおすすめです。

  • 音量を調整する 勉強中に聴く

    音楽の音量は、集中力を妨げないように調整する必要があります。音量が大きすぎると、周囲の騒音を遮断することができますが、耳に負担がかかる場合があります。適切な音量を設定し、聴きやすい音量で聴くようにしましょう。

  • 自分の好みに合った曲を選ぶ

    勉強中に聴く音楽は、自分の好みに合ったものを選ぶことが大切です。好きな曲を聴くことで、心地よさを感じることができ、集中力が高まることがあります。

メリットをうまく利用する


勉強中にストレスを感じることはよくありますが、音楽を聴くことでストレスを軽減することができます。音楽は、心理的な安定感をもたらし、ストレスを緩和する効果があるとされています。また、リラックスして睡眠をとることが重要です。音楽を聴くことで、心身がリラックスし、睡眠の質を向上させることができます。そして 好きな音楽を聴くことで、気分が上がり、モチベーションが高まることがあります。また、音楽を聴きながら勉強することで、勉強自体が楽しく感じられることもあります。楽しく勉強できるというのが最大のメリットでもあります。音楽を聴きながら勉強の集中力をあげつつ楽しく勉強しましょう。