【マインドフルネス】動揺しない自分を作れば、永遠にやる気が起こる

最近はSNSなどで心が乱され、さらにやる気がなくなる人が多くなります。自分より頭がいい人、外見が良い人、自分より幸せそうな人を見て、落ち込む人も少なくないでしょう。あなたは自分自身に集中できていますか?自分自身を見つめ直す時間を増やすことによってやりたいこと、やるべきことが明確になります。マインドフルネスを行えば自分自身に集中し、ストレスや不安を軽減し、心身の健康を維持することができます。また、マインドフルネスを通じて、自分自身に対する気づきが深まり、人生における意義や目的を再確認することもできます。今回はマインドフルネスについて紹介します。

マインドフルネスとは


ジョン・カバット=ジン博士がマインドフルネスを提唱し始めました。彼は、1979年に、ストレス緩和や慢性病治療のためのマインドフルネス瞑想プログラムである「ストレス低減法(MBSR)」を創設しました。カバット=ジン博士は、医学博士であり、瞑想修行を長年にわたって研究してきた経験を持っていました。彼は、自分自身の瞑想体験から、心理学的健康維持のためにマインドフルネスを取り入れることの重要性を認識し、その後、MBSRを創設しました。その後、マインドフルネスは、心理学やメンタルヘルス分野で広く受け入れられるようになり、現在では、世界中で数百万人の人々が実践しています。マインドフルネスとは、瞑想や簡単な運動、呼吸法などを通じて、現在の状況に集中し、心を落ち着かせ、自分自身と向き合い、ストレスを減らし、心身の健康を改善することを目的とした、東洋的な哲学や瞑想の考え方を取り入れた心理学的手法です。簡単に言えば、今この瞬間に意識を集中することで、自分自身と向き合い、精神的な安定を保ち、ストレスを軽減することができます。

マインドフルネスは、ストレスを抱える人や、うつ病、不安症、睡眠障害などの心の問題を抱える人に効果があるとされており、近年はビジネスや教育分野でも注目されています。具体的な方法としては、瞑想や呼吸法、ヨガ、ストレッチ、歩くことなどがありますが、日常生活の中でも、意識的に今この瞬間に集中することでマインドフルネスを実践することができます。

マインドフルネスを行うメリット


マインドフルネスは、自分自身を今この瞬間に集中させることで、ストレスを軽減することができます。日常生活で感じるストレスや不安に向き合い、自分自身を受け止めることができるようになるため、心身の健康に良い影響を与えます。自分自身と向き合い、自分の内側に気づくことができます。自分自身を受け止め、ストレスや感情に対処することができるようになるため、精神的な安定を得ることができます。また今この瞬間に意識を向けることができるようになります。勉強や仕事などでの集中力が向上し、効率的な作業ができるようになります。そして自分自身に対する気づきが深まります。自分自身に対する理解が深まるため、他者に対する理解や共感力も高まり、意識の拡大につながります。ストレスや不安の緩和、免疫力の向上、血圧や心拍数の低下など、身体的な健康にも良い影響を与えます。また、睡眠の質の向上にもつながります。

一般的なマインドフルネスのやり方


【呼吸法】

呼吸に意識を向け、深呼吸を繰り返すことで、自分自身に集中します。

必要なもの: 静かな場所、椅子や座布団などの座るもの

手順:

  • 静かな場所に座ります。
  • 目を閉じ、背筋を伸ばし、腕を自然な位置に置きます。
  • 深呼吸をすることで、自分自身に集中します。息を吐くときは、口からゆっくりと息を吐き出します。
  • 息を吸い込むときは、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。息を吐くときは、口からゆっくりと息を吐き出します。
  • 深呼吸を繰り返し、呼吸に意識を向けます。心が飛んでいってしまったら、そのことに気づき、落ち着いて呼吸に戻ります。

【ボディスキャン法】

身体の感覚に意識を向けながら、頭から足先までを巡回していきます。

必要なもの: 静かな場所、椅子や座布団などの座るもの

手順:

  • 静かな場所に座ります。
  • 目を閉じ、背筋を伸ばし、腕を自然な位置に置きます。
  • 頭の頂点から身体を巡回し、頭、顔、首、肩、胸、腕、腰、足先の順に感覚に意識を向けます。
  • 感覚に意識を向ける際、その部位に痛みや不快感があれば、それに気づきます。痛みや不快感がある場合は、その感覚に集中し、落ち着いた呼吸をすることで、リラックスし、痛みや不快感を和らげます。
  • 頭から足先まで巡回したら、最後に全身の感覚に意識を向けます。

勉強中にマインドフルネスを利用する場合


勉強中にマインドフルネスを利用する場合は以下のことを意識しましょう。

マインドフルネスの基本的な考え方は、今この瞬間に集中することです。勉強中には、自分が何をしているのか、どのように感じているのかを意識することが大切です。また、勉強に没頭することで、マインドフルネスを促進することができます。例えば、自分が読んでいる本や、取り組んでいる問題に集中して、その内容を理解することができます。自分の感情に敏感になることが重要です。自分が感じている気持ちやストレスを認識し、それに対処することができます。勉強中には深呼吸して人休憩置いてみましょう。深呼吸をすることで、自分自身を落ち着かせることができます。そして無心になる瞬間を作ることで勉強に集中することで、自分自身を静めることができます。

自分を見つめ直す時間


マインドフルネスを勉強に取り入れることで、勉強の効果を高めることができます。しかし、長時間マインドフルネスを続けることは難しいため、最初は短時間から始め、徐々に時間を延ばすようにしましょう。また、マインドフルネスは勉強に限らず、日常生活にも取り入れることができます。マインドフルネスの根本的な考え方は、「今この瞬間に意識を集中することで、現実に目を向けることができ、自分自身を理解し、心を静めることができる」というものです。SNSなどで疲れた心をマインドフルネスを活用して、自分自身をよりよく理解し、自己受容力を高め、自分自身や周りの人々とのつながりを深めることができ、また、過去や未来にとらわれず、ストレスや不安を減らして勉強を集中して行うようにしましょう。