勉強中に起こる頭痛の原因と対処法(受験生必見!)

勉強中になぜか頭が痛くなる。そんな人が意外と多くいるようです。受験勉強中に頭痛で勉強が捗らないと死活問題なので、原因と解決策をしっかり把握しておきましょう。今回は勉強中に起こる頭痛の原因とその対策を紹介していきます。

勉強中の頭痛って?


勉強中の頭痛は、勉強に集中している最中に頭部で感じる痛みや不快感を指します。これはさまざまな原因によって引き起こされることがあります。一般的な症状としては、頭部の痛みや重さ、集中力の低下、時には吐き気や目の疲れなどが挙げられます。このような症状がある場合は無理せず、勉強を中断しましょう。

勉強中に起こる頭痛の原因


勉強中に起こる頭痛の原因としてはさまざまな理由があります。

受験勉強してる人の多くがやっている長時間の勉強。長時間勉強していると座りっぱなし、同じ体制でいることが多いので、首や背中筋肉が固まってしまい、疲労による頭痛が起こることがあります。また、正しくない姿勢でいる事による首や背中への負担がかかったり、長時間の画面作業や読書で目を酷使することで頭痛が起こる場合もあります。

テストや受験勉強をしてるいる人は、より多くの情報を頭に入れたいために、休憩を挟まずに勉強をし続ける人が多いですが、適度に休憩しないと脳疲労を起こしてしまいそれが頭痛の原因になってしまいます。また休憩と同じように十分な睡眠を取ることも大切です。睡眠を取らなければ体がリフレッシュされずに酷使された状態になってしまいます。

また心理的な要因で頭痛を起こすこともあり、過度なプレッシャーによる吐き気、めまいなどもあるので気をつけましょう。

頭痛が起こる前に対策


頭痛の多くの原因は2つあり、長時間の勉強と勉強が引き金となって出てきたストレスです。

まずは、具体的な目標の分割。例えば今日は教科書半分やる!というざっくりとした目標ではなく1時間で2ページを内容を把握して、要点だけ暗記する。などの具体性のある目標を立てると、一日に何をすればいいか理解しながら勉強できる。そして勉強に区切りをつけることができます。

今日は半日勉強するというざっくりとした決め方ではなく、1時間で2ページやると決めて、1時間しっかりやったら数分休憩を入れて、脳をリフレッシュさせる。この休憩時間は短くてもいいが、絶対休憩を挟むことは必要です。脳を酷使することは記憶力に関してもいい結果がないので、きちんと、決められた時間に勉強し休憩を取ることが何よりも効果的な勉強法です。

また、脳だけでなくて体もリフレッシュさせた方が身体により良い影響を与え勉強を捗らせることができます。適度な運動を取り入れるといいでしょう。適度を言っても走ったり、汗をだらだらかく運動をした方がいいということではありません。背中を伸ばしたり、適度なストレッチをするだけでも十分効果的です。

また休憩と同じく、質のいい睡眠は勉強の効果を上げることに繋がります。深夜まで勉強するくらいなら、朝早く起きて勉強し、夜には記憶の整理ができるように睡眠時間の確保をしましょう。

また、心理的な要因でストレスを感じてる場合、感情は抑えずに表現することが大切です。家族や友達と会話したり、話し相手がいない時は日記をつけて、自分の感情を吐き出すことで心の負担を軽減することができます。また本当に辛い時は助けを求めてみましょう。ストレスを分散させることができます。気持ちを共有することで一人でやっていることも理解者がいるだけで気持ちの持ちようが変わります。

症状が続く場合は、医師の診断やアドバイスを受けることが重要です。個人差があるため、自身の状態に合った対処法を見つけ、健康な勉強習慣を築くことが望ましいです。