芦田愛菜さん多忙な中で慶應義塾女子高等学校を合格する勉強法

幼少期から芸能界で活躍し続けている芦田愛菜さん。学業と芸能界の両立は大人でもとても難しいです。皆さんも、部活、趣味と学業の両立はとても難しいです。今回はそんな学業と芸能界の両立できている芦田愛菜さんから両立できるヒントを得ましょう。

芦田愛菜のプロフィール


出身地:兵庫県

生年月日:2004年6月23日

所属事務所:ジョビィキッズプロダクション

2011年荒川区第一日暮里小学校入学

2017年慶応義塾中等部入学

2020年慶應義塾女子高等学校入学

3歳の時にお母様の勧めで芸能界に入ります。「マルモのおきて」で鈴木福君と一緒に連続ドラマに出演し、主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」で歌手デビュー。

幼少期は「MOTHER」「明日、ママがいない」などのドラマで高い演技力を評価され、その後も映画やCM、バラエティ番組など多数出演しています。

芦田愛菜の勉強方法


  • 芦田愛菜の勉強時間は12時間

    芦田愛菜さんは早稲田アカデミーのNN志望校別コースを受講したそうです、日曜コースは150分×3コマ

    ≪9:3012:00 /12:4515:15/ 15:30~18:00≫

    これで計7.5時間です。

    12時間勉強するには、他に個人学習の時間が別途4.5時間必要になります。

  • 多忙な芦田愛菜はいつ勉強していた?

    東京都内の美容室で目撃されたのは、カット中に小説や哲学系の本を読んでいる姿。

    楽屋でも宿題や勉強をしているようです。

    効率よく時間を活用するのはご両親の影響で「1日は24時間しかないから有効利用するように」と教わったそう。

  • 家族も協力的

家庭では黒板を使って勉強しているそうです。わからない問題を、お母さんと一緒に解き、黒板を使う事でわからない点を愛菜ちゃんが質問しつつ、お母さんが解説して疑問を解消いくというスタイルのようです。

幼少期から芸能活動と学業を両立していたところをみると、地道な努力の積み重ねによって今の学力が培われたのだと思います。

すき間時間にコツコツと勉強し、わからない事は解消しておく。という基本がしっかりできたからこそいまの経歴があるのでしょう。

  • 幼少期からの語彙力

    芦田愛菜さんは幼少期から芸能界活動をしており、その上で台本などを理解する必要性があります。わからない感じなどをお母さんに教えてもらったりしてもらうというある意味で勉強する時間、理解を深める時間をしっかり設けていたおかげで勉強する習慣、わからないところを理解する習慣が身に付いていたと考えられます。

芦田愛菜さんから学べること


 人生は24時間しかないですよね。そんな中やりたいこと、やってみたいことはたくさんあります。全てを勉強に費やすことはなかなか難しいです。時間をうまく使うことは人生にとってかなり得になります。芦田愛菜さんのようにわからないところは隙間時間に、または周りの大人に聞いて理解を深めることで時間を効率的に使うことができます。また勉強する習慣をつけることで大事な山場で乗り越える力を蓄えておくことができます。

そして、やはり幼少期から本を読んだりすると語彙力が増え、理解するスピードが変わってきます。最近はスマホで本を読むこともできるので、活字を読んで語彙力を上げましょう。