勉強効率アップ!ミニマム勉強法で学習の質を向上させよう

「仕事の関係で、急に資格の勉強をしなければならなくなった」「試験まで時間がない」そんな時、どんな勉強をしますか?勉強するのにも情報量が多すぎて満遍なく勉強するのは大変です。そんな方にお勧めしたいのがミニマム勉強法です。今回は要点をしっかり抑えれるミニマム勉強法について紹介します。

ミニマム勉強法とは


ミニマム勉強法は、学習の焦点を絞り込んで最も効果的な方法で知識やスキルを習得するためのアプローチです。多くの情報やタスクに散らばることなく、必要最低限の要素に集中して深い理解を追求します。

ミニマム勉強法をやった方がいい人


  • 日々時間に追われるようなスケジュールをこなす人

  • 集中力が続かない人

  • 効果的な学習方法を模索している人

  • 特定のスキルや知識を追求したい人

  • 長期的な学習計画を立てる人

ミニマム勉強法のやり方


ミニマム勉強法のやり方はとてもシンプルです。むしろシンプルな方が効果的です。

  • 使う問題集は1冊のみ
  • 問題を解く前に解答を読む
  • 必要箇所だけテキストを読む

資格試験やテスト勉強なんかは情報量が膨大で、参考書や教科書をみるだけでも分厚くてそれを見るだけでも自分がやり切れるかどうか不安になってしまいモチベーションが下がってしまいます。なので問題集や参考書は総合したものを1冊としましょう。

そして問題集を解く際は、解答を見ながら問題を解いていきます。印をつけることがポイントです。

①問題を読むだけで解けた…●

②解説を読んだので次から自分で解ける…●

③解答を見ないと解けなかった…✖︎

✖︎を⚫︎になるように繰り返して読んで、自分で解いて、解答をみないようにしてみましょう。

このようなやり方でやってみると、膨大な情報も1ヶ月後には網羅できるようになります。