期待されるだけで成績が伸びる?!ピグマリオン効果とゴーレム効果とは?

ピグマリオン効果とゴーレム効果は、人間の行動やパフォーマンスに影響を与える心理的現象です。この記事では、それぞれの効果について説明し、具体例をいくつか紹介します。


ピグマリオン効果とは


ピグマリオン効果は、期待に基づく自己成就予言の一種で、人が自分自身や他人に対して持つ期待が、その人の行動やパフォーマンスに影響を与える現象です。具体的には、高い期待を持たれた人は、その期待に応えるように行動し、より良い成績を収める傾向があります。

例えば、教師がある生徒に対して「この生徒は非常に優秀で、将来的には偉大な科学者になるだろう」と期待を持って接すると、その生徒はその期待に応えるように努力し、成績が向上する可能性が高くなります。逆に、低い期待を持たれた生徒は、その期待に従って努力しないため、成績が低下する可能性が高くなります。

また、自己成就予言によって、人は自己イメージを形成することもできます。つまり、自分自身に対して高い期待を持っている場合、自己イメージが向上し、自信を持って行動することができます。一方、低い期待を持っている場合、自己イメージが低下し、自信を持って行動することができなくなります。


ゴーレム効果


ゴーレム効果は、低い期待が自己成就予言と同様に行動やパフォーマンスに影響を与える現象ですが、こちらはネガティブな期待に基づくものです。つまり、低い期待があると、その期待に従って行動することで、パフォーマンスが低下する可能性があります。

例えば、上司がある社員に対して「この社員は能力が低く、仕事ができない」という低い期待を持っていると、その社員は上司からの信頼を失い、自信をなくしてしまう可能性があります。その結果、仕事のパフォーマンスが低下することがあります。

また、ゴーレム効果は、グループに陥ることがあります。低い期待に基づく行動がパフォーマンスを低下させ、その結果、ますます低い期待を持たれるようになり、さらにパフォーマンスが低下するという悪循環が生じます。

逆に、高い期待を持たれると、その期待に応えるように努力し、パフォーマンスが向上する可能性があります。これは、ピグマリオン効果と同じです。

具体例

具体例として、以下のようなものがあります。

ピグマリオン効果

  • 教師がある生徒に対して高い期待を持ち、その生徒が成績を向上させることがある。
  • スポーツチームの監督がある選手に対して高い期待を持ち、その選手がチームの勝利に貢献することがある。

ゴーレム効果

  • 上司がある社員に対して低い期待を持ち、その社員が自信を失い、パフォーマンスが低下することがある。
  • 親がある子供に対して低い期待を持ち、その子供が自信を失い、学業成績が低下することがある。

以上が、ピグマリオン効果とゴーレム効果についての説明と具体例です。これらの効果は、私たちの行動やパフォーマンスに影響を与えるため、人間関係や教育、スポーツなど、様々な分野で重要な役割を果たしています。