インターリービング勉強法【心理学】

インターリービングとは


インターリービングとは、学習内容を複数のまとまりに分けて、それらを交互に繰り返すことで、長期的な記憶力を向上させる学習法のことです。この手法は、ある一つの内容に集中しすぎて、他の学習内容を疎かにしてしまう傾向がある人に特に効果的です。

例えば、英単語を学ぶ場合に、単語リストを全て一度に覚えるのではなく、小さなグループに分けて、それらを交互に繰り返すことで、長期的な記憶力を向上させることができます。この方法を使うことで、一度覚えたことを長期的に記憶することができるようになります。

また、この方法を使うことで、学習内容の繰り返しをより効果的に行うことができます。例えば、物理学の学習では、ある一つのトピックを完全に理解する前に次のトピックに進むことができますが、これでは学習内容が記憶に定着しにくくなってしまいます。インターリービングを使うことで、複数のトピックを交互に繰り返し学習することで、より長期的な記憶を促進することができます。


インターリービングを使った勉強法の例


  • 英単語の学習:単語リストを小さなグループに分けて、交互に繰り返す。

  • 数学の学習:複数のトピックを交互に繰り返し学習する。例えば、代数、幾何、微積分など。

  • 語学の学習:複数のスキル(聞く、話す、読む、書く)を交互に繰り返し学習する。


インターリービングを実践する際に注意すべきポイント


  • 適切な時間を確保する インターリービングは、一度に多くの学習内容を扱うため、時間を確保することが重要です。疲れたり、集中力が切れたりする前に、適度な休憩をとることも大切です。

  • 気分をリフレッシュする 学習に取り組む前に、気分をリフレッシュすることで、より効果的に学習することができます。例えば、軽い運動をしたり、外に出て空気を吸ったりすることで、気分をリフレッシュすることができます。

  • 学習する環境を整える 学習する環境を整えることで、集中力を高めることができます。例えば、静かな場所で学習する、机の上を整理する、スマホやSNSを切るなど、学習環境を整えることが大切です。

  • 目標を設定する 学習の目標を設定することで、モチベーションを維持することができます。学習の目標は、短期的なものから長期的なものまで様々ありますが、自分に合った目標を設定し、継続的に取り組むことが大切です。

インターリービングを活用する


インターリービングを使うことで、学習内容をより長期的に記憶することができます。しかし、この手法を使う際には、学習内容を効果的に分割し、時間をかけて繰り返す必要があります。また、学習内容の分割や繰り返しの方法は、個人によって異なるため、自分に合った方法を見つけることが重要です。