若い人必見!丸暗記が簡単に出来る方法

学生の時は丸暗記する必要がある場面がたくさんあります。もちろん社会人になっても人の名前を覚えたり、商品の名前を覚える必要があります。丸暗記って中々難しいですね。今回は実践的に使える丸暗記方法について紹介します。

若ければ若いほど記憶に関する吸収が早い。


まずは赤ちゃんの頃についてお話しします。赤ちゃんの脳は非常に柔らかく、多くのシナプス(神経細胞同士を結ぶ結びつき)が形成される段階にあります。この時期に経験を通して刺激を受けることで、神経回路が発達しやすくなります。この柔軟な時期に様々な情報を学ぶことができます。感覚器官は非常に鋭敏で、周囲の環境からの情報を敏感に捉えることができます。視覚、聴覚、触覚などが発達しており、これらの感覚を通じて得られる情報が記憶に深く刻まれることがあります。同じ経験を繰り返し経験することによって学習します。繰り返しによって情報が強化され、長期的な記憶として蓄積されることがあります。

学生になればなるほど丸暗記する必要があることが増えていく


暗記って簡単に思えますが、人は生きているだけでたくさんのことを脳で処理しています。記憶だけに関して集中して脳を使うことはできません。色、物事の理解に関して脳を使ってしまいます。

記憶できる数についての具体的な限界は個人差があり、一概に定めることは難しいです。ただし、人が同時に意識的に処理できる情報の数に関する概念があります。この概念は、ミラーの法則(Miller's Law)として知られています。

ミラーの法則によれば、人は一度に約7個(プラスまたはマイナス2個)の情報までしか意識的に処理できないとされています。この理論は、短期記憶における情報処理の限界を表しています。例えば、電話番号が10桁以上になると、通常一度に覚えるのが難しく感じられることがあります。

このように、一度に色々覚えることには限界がありますが、大人になればなるほど、記憶力をフル活用しなければいけない場面が増えてきます。であれば自分に合った記憶力を高める方法を見つけ出す必要があります。

丸暗記する方法


若い人向け丸暗記方法

脳がフル活用できる若い人のみができる方法です。

  • 暗記したいものをじっと見る

  • 目を閉じる

  • 残像を画像として記憶する

この3つを嫌になる程繰り返す。

そして3つがつながるように連結する。

連想ゲームからの造語

  • 記憶したいものが2つあるとする。それら2つをつなげるものを見つける
  • それらを繰り返し考える。

(例)

794年 平安京→鳴くよウグイス平安京

音楽やリズムの利用

  • 単調なリズムと覚えたいものをくっつける。
  • それを繰り返し聴いたり口に出してみる。

(例)九九の歌

1×1=1 いちんちがいち

1×2=2 いちにがに