受験勉強中の運気アップ!運気を爆上げする方法

受験期は重要な時期であり、ポジティブなエネルギーを取り入れることで、勉強効率が向上し、運気も上昇することがあります。受験勉強中に運気を上げるための具体的な方法を紹介します。

運気が上がるって何?


運気が上がる」とは、一般的にはポジティブなエネルギーや好調な状態が増して、生活や日常が良い方向に進む状態を指します。ただし、これは主観的で個人差がありますし、科学的な裏付けがあるわけではありません。運気の概念は、文化や信仰、個々の信じる世界観に基づいています。

一部の人は、ポジティブな思考や行動、幸運な出来事との関連付けによって、自分の「運気」が上がると感じることがあります。これは主観的な経験であり、人それぞれが異なる考え方や信念を持っていることに留意する必要があります。

「運気が上がる」と感じるためには、ポジティブな要素にフォーカスし、良い出来事や感謝の気持ちを大切にすることが一般的です。また、自分にとって意味のある目標に向かって進むことも、運気を上げる手段とされることがあります。

日常生活で変えられる!運気が上がる行動


こまめに掃除する


こまめに掃除すると、家の中に「よい気」が集まりやすいです。 重点的に掃除すべき場所は、以下の通り。

・玄関 ・トイレ ・お風呂 ・洗面所 ・キッチン

風水において、玄関は最も重要な開運スポットです。 トイレやお風呂などの水まわりの掃除も、運気アップにつながります。

掃除は運気の停滞を防ぐだけでなく、気持ちを前向きにする効果もありますよ。


不要なもの人を整理する


使わないものをためこんでいると、運気が停滞してしまいます。 不要なものは処分して、よい気を呼び込みましょう。

物ももちろんですが、財布の中のレシートや人間関係も同じく、携帯の中まで不要な物を整理する。


朝の7時~9時に換気する


換気をして空気を入れ替えると、部屋がよい気で満たされますよ。

朝の7時〜9時は、エネルギーが高まる「ドラゴンタイム」と呼ばれています。 運気を上げたいときは、朝の7時〜9時の間に10分間換気をしてみましょう。

天気が悪いときは、カーテンを開けて日光を取り入れるだけでも問題ありません。 家中の窓を開けることが理想ですが、難しい場合は「寝室やリビングの窓」を優先的に開けるとよいですね。


適度な運動をする


体内の気のめぐりをよくするために、適度な運動は欠かせません。

室内運動でもよいのですが、おすすめなのは屋外での運動です。 太陽のパワーを浴びながら運動すると、より運気アップがはかれます。

身体を動かして汗をかけば、心身のリフレッシュやストレスの解消にもなります。


早寝早起きする


早起きをして朝日を浴びると、体内時計がリセットされます。

体内時計が乱れていると睡眠不足になり、ネガティブな思考になりやすいです。 また、質の良い睡眠を取ることで日中のパフォーマンス向上が見込めます。


よく笑う


「笑う門には福きたる」ということわざがあるように、開運において「笑顔」は重要な役割を持ちます。 笑顔でポジティブな気持ちになると、運気が上がりやすいです。

趣味の時間を毎日少しだけでも確保したり、出かける前に鏡の前で笑ってみたり。 笑顔になる機会を増やすことが、開運のコツです。


自然に触れる


自然の中に身を置くことで、心身ともにリラックスできます。 結果として、よい運気を引き寄せられるでしょう。

自然豊かな場所を訪れてエネルギーを吸収すると、運気が高まりやすいです。

これらの行動に共通するのは「負」のものに触れないことが運気を上げることに繋がると思います。ポジティブになるのではなく、ポジティブに触れるようにすると自然に運気が上がっていきます。