否定してくる人の特徴と関わり方

生きていれば自分と感性が合わない人と出会う機会があります。その中でも「否定してくる人」との付き合いは非常に難しいです。今回は否定してくる人の特徴と関わり方について紹介します。

否定してくる人の特徴


彼らは他人の行動や意見に対して頻繁に批判的な意見を述べます。建設的なフィードバックや助言ではなく、ただひたすらに否定的な意見を持つことが多いです。また、 何か成功や喜びを共有する場面でも、彼らは否定的な視点を持ちます。成功や幸福を否定し、周囲の人々の士気を下げることがあります。そうすることにより、相手の反応を楽しむ感性を持っています。何よりも、彼らは自分の意見や利益を優先し、他人の感情やニーズに配慮することが少ないです。自分自身を中心に据え、他人を否定することによって自己満足感を得ようとします。 彼らは問題を見つけることに長けていますが、解決策を提案することは少ないです。問題の指摘に留まり、建設的なアプローチを取ることが難しい傾向があります。

否定する人の関わり方


自己肯定感を持つ

彼らの否定的な発言や態度に影響されず、自己肯定感を保つことが重要です。彼らの意見を完全に受け入れる必要はなく、自分自身や自分の価値を認めることが大切です。

コミュニケーションを試みる

彼らがどのような理由で否定的な態度を持っているのかを理解するために、オープンなコミュニケーションを試みてみてください。彼らの視点や考えを尊重し、理解を深めることができるかもしれません。

距離を置く

一部の人にとっては、否定的な人々との関わりを避けることが最善の策となる場合もあります。自分の幸福や精神的な健康を守るために、距離を置くことも検討してください。

否定してくる人は可哀想な人


否定してくる人は幼少期に自己肯定感をあげられなかった可哀想な人なのです。親、親戚、友達から褒められてこなかった。もしくは持ち上げられすぎて、他人(自分以外の人間)が下に見えるという感性の持ち主の可能性があります。また、その人の気持ちが沈んでいる時に周りの幸せを目にしていると「自分はこんなに落ち込んでて、不幸なのになんであなたはそんなに幸せをそうなの?」と言う自分の気持ちが沈んでいるせいで幸せな人を見て僻み、傷つけてしまう人もいます。どちらにせよ、否定する人は可哀想な人であり、そんな人の言葉であなたが落ち込んだり、悲しんだりする必要はないのです。

環境が変われば人は変わります。お金持ちになれば、時間があれば、子供がいれば、親の介護していれば、万人に好かれることはできないと言うのは「環境が変われば人は変わる」この言葉に全て詰め込まれています。その状況によって人の態度は変わります。あなたはそんな人の八つ当たりに使われているだけなので、そんなことにあなたの感情を揺らす必要はありません。あなたはあなた、「この人かわいそう。変な人、自己コントロールできない人」そう思うだけで大丈です。

どうしても突っかかってくる人には距離を取りましょう。あなたは壁が迫ってきたら逃げるしかないですよね?逃げることは罪ではありません。避けられないことには逃げていいんです。立ち向かうことが正義ではないことを覚えておいてください。